メガリスの特徴と使ってみた感想

ED治療薬でもっとも使い勝手がいいのが、タダラフィル系のシアリスでしょう。
ただ、シアリスは価格的に厳しいものがあります。
気軽に使える薬ではないので、常備薬として考えるなら、シアリスのジェネリック医薬品として登場したメガリスが第一候補に挙がるでしょう。
その最大のメリットは価格の差です。
シアリスが1箱約8000円前後であるのに対し、メガリスは約2000円前後です。
もちろん、購入するショップによっても違いますが、大体25%で手に入れることができるので、同じお金で4倍は楽しむことができます。
当然、安いだけではなく、同じ有効成分であるタダラフィルを使用していることから、効果効能に関してはシアリスと同じものが期待できます。
では、簡単に使用方法や特徴などを説明していきましょう。
まず、服用方法は水で1錠を性行為の最低30分前までに飲んでおきます。
ED治療薬の中では即効性が弱いほうなので、できれば2時間ほど前に飲んでおいたほうが無難かもしれません。
1錠で効果が強いと感じるときや、持続時間を減らしたいときは、半錠でもかまいません。
服用の際は軽い食事であればほとんど問題はありませんが、あまり脂っこいものを食べると影響が出ます。
また、薬の効果を最大限に発揮したいのであれば、空腹時に飲んだほうがいいです。
もちろん効果が出始めてからは食べてもかまいません。
服用の際は、必ず決められた用法容量を守り、次の服用までは24時間以上あけなければなりませんから注意してください。
薬の作用としては、有効成分であるタダラフィルが、EDの原因となるPDE5の作用を阻害して、ペニスに流れ込む血流を増やしてくれます。
これによって、性行為を行うのに必要な勃起力が得られるのです。
EDの原因には心理的なものと肉体的なものがあると言われています。
メガリスはこのどちらにも効果がありますし、症状にあわせて半錠や1錠かを使い分けることができるので便利です。
薬の持続時間は最大でおよそ36時間となっています。
これは臨床実験により確認されている数字ですので、人によってはこれ以上だったりこれ以下だったりしますしし、その日の体調や使用者の体の大きさなども関係してくるようです。
ですから、使いながら自分で実際の持続時間などを計ってみることをオススメします。
ここからは、実際に使用した感想です。
私はシアリスもメガリスもどちらも使用した経験があるのでわかるのですが、単純な効果に関してはどちらもあまり変わらないと思います。
薬よりも、その日の体調によって影響が出ると考えたほうがいいでしょう。
また、その日食べた食事の影響も多少は関係していると思います。
ですから、似たような効果であるのなら、メガリスのほうが圧倒的にコストパフォーマンスが高いわけです。
性生活が実際の生活を圧迫しては意味がないので、効率的にED治療薬を購入して使いたいという方にはオススメです。