シアリスよりもメガリスの方がお得

シアリスの購入を検討しているのなら、メガリスの方が断然お得です。
というもの、メガリスはシアリスと同じ効果を持つED治療薬でありながら、シアリスよりも単価が安いという特徴があるためです。
シアリスは1錠1500円~2000円程度ですが、メガリスは1錠150円~500円程度となっています。
同じ効果を持つ薬なら、価格が安いに越したことはありませんよね。
しかし、こんなにも価格差があると逆に不安も感じます。
なぜ同じ効果を持つ薬でこうも値段が違うのでしょうか。
医薬品が誕生するには、新しい成分が開発され、そこから臨床試験など様々な研究を得て新薬が製造されます。
開発費用は100億円ほど、開発期間も10年~20年ほどかかります。
よって、開発費用の回収などもあり、新薬は必然的に薬価が高くなってしまうわけですね。
さて、新薬には20年~25年程度の特許期間が設けられています。
この期間は新薬を開発した製薬会社だけが独占的に製造・販売することが許可されていますが、特許期間が終われば独占権利がなくなり、別の製薬会社が同じ成分と製法で同じ薬を製造することができるようになるのです。
こうした過程で誕生する医薬品をジェネリック医薬品と言います。
ジェネリック医薬品は新薬の成分と製法を真似て作られているため、当然効果は同じになります。
また、新薬の開発段階で安全性も確認された成分を使用しているため、臨床試験などを省くことができ、開発費用も開発期間もそれほどかかりません。
よって、必然的に薬価は安くなるのです。
それを頭に入れて整理すると、シアリスは新薬として開発されたED治療薬であり、メガリスはシアリスのジェネリック医薬品として製造されたED治療薬であるということになります。
このような理由から、薬価に大きな差が生じてしまっているわけです。
余談ですが、実はシアリスの特許は現在も持続中で、特許が切れるのは2023年以降です。
それにも拘らずジェネリック医薬品が存在しているのには訳があります。
インドでは、特許法が他の国々とは異なります。
医薬品特許には成分に対する特許権の成分特許、製法に対する特許権の製法特許の2つがあり、このうちインドでは製法特許のみを認めています。
つまり、インド国内では、同じ成分を用いても異なる製法で製造すれば特許法には触れないということです。
こうしてメガリスは誕生しました。
しかしインド国内でしか認められていないため、もし日本で購入しようとするのなら、オオサカ堂で個人輸入をすることになるでしょう。
オオサカ堂は様々な海外医薬品を扱う個人輸入代行業者です。
個人輸入といっても通販とは異なりますが、購入方法は通常のネットショッピングとほとんど変わりませんので、何も心配する必要はありません。
また、オオサカ堂は大手個人輸入代行業者ですので、トラブルなく安心して活用できます。
梱包もプライバシーに配慮した仕様になっているため、ここでならED治療薬でも抵抗なく購入することが可能です。