メガリスと特許との関係について

この薬にはタダリスと呼ばれる有効成分が配合されているのですが、先に国際的に特許を取得したのがシアリスです。
しかし、国際的に見てインドだけは特有の特許の考え方があります。
一般的には製法だけでなく成分そのものに特許がかかってきますが、インドでは製法のみで成分には特許がかかりません。
つまり、同じ成分であっても製法が違えば、インド国内においては自由に製造販売することができるのです。
もちろん、日本も国際的な基準で知的財産権を保護しています。
そのため、違う製法で製造したとしても特許登録された成分であるならば日本国内で販売することが禁じられているのです。
その一つがメガリスとなります。
それでは日本国内で入手できないのかというと、そうではありません。
先ほど述べたようにインドでは製造販売されており、それを個人輸入することで手に入れることができます。
実際に、日本国内で個人輸入代行サイトがあり、それを活用することで入手することか可能です。
もちろん、それは違法でも脱法でもなく、列記とした合法となり、多くの人々が日本国内で入手し使用しています。
では、個人輸入までして使いたいというメガリスは一体何かというと、上記したようにシアリスのジェネリック医薬品です。
これは勃起不全を改善する医薬品の一つとして有名な医薬品であり、日本だけでなく世界中で広く使われています。
同じ有効成分であるため、当然のことながらその効果や副作用もほとんど同じなのです。
なぜそのシアリスを使わずにわざわざジェネリック医薬品を利用するかというと、偏に安いからです。
医薬品などを研究開発するには非常にコストがかかってしまいます。
一説には一つの医薬品を販売するのに数百億円かかるとも言われているのです。
もちろん、それは価格に反映されるため、開発費の分だけ高くなります。
しかし、ジェネリック医薬品にはその開発費が含まれていません。
その分だけ安く購入することができるのです。
メガリスがどれだけ安いかというと、日本国内で購入できるシアリスと比べて10分の1くらいだと言われています。
通貨レートによって多少値段が変動してしまいますが、それほどまで価格の差でありながら、勃起不全の改善効果についてはほとんど同じくらいとされているのです。
多くの人々が手に入れたいと思うのは当然のことだと言えます。
ただ個人輸入で入手するのにネックの部分がいくつかあります。
たとえば、海外から取り寄せることとなるため、どうしても注文してから入手するまで最低でも1週間ほどかかってしまうのです。
そのため、計画的に注文するように心がけなくてはなりません。