私の愛用のメガリス

私はシアリスのジェネリック医薬品であるメガリスを愛用しています。
妻と性行為をする前になると必ずそれを服用するようにしているのです。
たったそれだけで今まで悩んでいた勃起不全を忽ち改善することができ、妻との夜の営みを楽しむことができるのです。
塩酸パルデナフィルという有効成分が男性器の血管を拡張してくれるため、勃起をサポートしてくれます。
今ではこれなしで性行為することはままならないと思っているほどです。
そのため、常に持ち歩くようにもしています。
しかも、ジェネリック医薬品であるため、シアリスに比べて非常に安価なのも助かります。
私の場合は個人輸入代行サイトを通してまとめ買いをしているのです。
どれほど価格が違うかと言うと、単品で購入すると1錠あたり300円ほどです。
それでもシアリスに比べたら十分に安いのですが、まとめ買いをすると1錠あたり100円前後までに値引きしてもらえます。
ほとんどコンドームと変わらない値段で、毎日利用しても良いと思ってしまうほどです。
悲しいことにED治療薬にかかるお金はすべて私のお小遣いから差し引かれていました。
だからこそ、シアリスからメガリスに切り替えたことによって、私の懐具合がすごく楽になったと実感しているほどです。
良いこと尽くめのメガリスですが、購入するときには2つばかり注意することがあります。
それは日本国内では購入することができず、個人輸入で入手することが起因となるのです。
一つは量です。
法律では個人輸入で一度に入手できる量は定められています。
もしも、一定量を超して輸入しようとすると通関に差し止められてしまうことがあるのです。
先ほども述べたように、まとめ買いをすれば安くなるのですが、一定量を超えないように配慮しなくてはなりません。
また、輸入であるため、注文してから自宅に届くまで時間がかかってしまいます。
もちろん、海外から空輸ですが、それでも1週間ほどかかるのです。
そのためメガリスがなくなってから注文してしまったら、1週間は勃起不全のまま性行為に挑むか、もしくは性行為そのものをお預けになってしまいます。
なくなりそうになったら早めに注文するようにして、常に常備できるように心がけているのです。
このように量と輸送時間の2つの注意点を述べてみましたが、実際は2~3回ほど取り寄せてみたら、ほとんど慣れてしまいます。
最初の1回目と2回目だけはなるべく注意するようにすれば十分と言えます。
もちろん、メガリスは医薬品であるため副作用があるのです。
私の場合は顔が少しほてるくらいですが、めまいや頭痛を起こす男性もいるようです。
また心臓病などには服用できないなど禁忌時効もあります。
それらもまた注意しなくてはなりません。
このようにきちんと注意して利用すれば、これほど素晴らしい医薬品はないと思っています。
もしも、勃起不全などに悩んでいる男性がいるならば、一度これを利用してみることをオススメします。