人気のED治療薬メガリスの服用方法

メガリスはシアリス系ジェネリック医薬品として、個人輸入代行サービスの中でも非常に人気の高いED治療薬です。
その特徴は薬の効果が長く持続することで、24時間から36時間というデータがあります。
また、効果の出方が穏やかで、なおかつ食事の影響も受けにくいということもあり、週末や連休に気軽に使えたり、旅行の際に使えたりと、他のED治療薬にはない魅力があるのです。

そんなメガリスの主成分はシアリスと同様のタダラフィルになります。
タダラフィルには体内の5型ホスホジエステラーゼという酵素のはたらきを妨げてくれる作用があります。
5型ホスホジエステラーゼというのは、勃起に必要な海綿体の環状グアノシン一リン酸を分解してしまいますから、この働きを防ぐことで、ペニスの血流増加を促して勃起が起こるということになるのです。

つまりメガリスを使用すれば、正常な勃起力が得られるようになるというわけですが、中には勃起状態での快感が30分以上も続いたとの報告もあって、どうやらEDを改善するだけでなく、早漏改善にもある程度の効果があるようです。
そして、気になるセックスが終わった後のペニスの状態ですが、射精した後すぐにしぼんでしまうこともなく、かと言っていつまでもギンギンになっているわけでもありません。
性的な興奮が収まるのを待って、緩やかにペニスへ流れる血量が減少すると共に、勃起も収まってくるのです。
ですから、仮に薬の持続時間が長いメガリスを服用していても、毎日の日常生活にはあまり影響はないでしょう。

仮に外を歩いていて、何かの拍子にペニスが大きくなってしまっても、性的興奮さえ収めることができれば、勃起を抑えることができるということになります。
メガリスの服用は通常、性行為の1時間前までには飲んでいることが理想です。
量は個人差もあるので、まずは半錠、もしくは4分の1錠から試して、最大1錠まで使って効果のほどを試してみてください。
ED治療薬というか、有効成分には個人との相性があるので、効果があまり感じられなかったり、副作用があったりしたときには使用を中止して、医師の相談を受けるか、別の有効成分のED治療薬を試すことをお勧めします。

ちなみに、私が使っている感覚では、体が少しずつ慣れてくるにしたがって、1回の使用量を減らしても効果が出るようです。
私は現在、4分の1錠を使用していますが、勃起力もしっかりと上がりますし、持続時間も1日はあるので、もし半錠でも効果の出る方は試してみてください。
ただ、私は症状が軽いほうなので、同じような状態の方限定かもしれません。

また、私の体格が160センチと日本人の中でも小柄ということもあるでしょう。
体格は薬の効果に影響が出るらしいので、体格に合わせた使い方をする必要があるのだと思います。

あと、量に関わらず、続けての使用は控えておいたほうが無難です。
服用の際には必ず24時間以上の間隔をあけるのが鉄則です。