タダラフィル系のメガリスの特徴

ED治療薬のメリットは、その多くが飲んだ瞬間に勃起したり性的な興奮を得られるのではなく、体的な興奮があったときにのみ勃起するという点です。
メガリスも同様に、あくまでも勃起をサポートするED治療薬です。
ですから、飲んだからと言って、薬の効果がある間、ずっと勃起し続けるわけではないのです。
そして、メガリスはシアリスと同じタダラフィルを成分としているので、その持続時間は最大で約36時間となっています。
あの有名なバイアグラやレビトラでさえ薬4時間ということですから、このED治療薬の成分であるタダラフィルがいかに優れているかがわかると思います。
タダラフィル系のED治療薬は金曜の夜に飲めば、日曜の朝まで効果が持続することから、欧米ではウィークエンドピルと呼ばれています。
これがシルデナフィル系やバルデナフィル系のED治療薬にはないタダラフィル系の最大の特徴です。
もちろん、いくら持続時間が長いといても、効果が薄かったり、副作用が酷かったりしては意味がありません。
メガリスにおいては、その心配はまったくありません。
効き目がマイルドで、副作用をあまり感じないのも特徴で、薬の効果がある時間、普段の生活を続けることができます。
また、メガリスのもう一つのメリットは服用の際のタイミングをあまり気にする必要がない点です。
たとえば、バイアグラなら行為までの時間や食事の時間を計算して服用しなければいけません。
これはバイアグラの持続時間が短いことと、成分のシルデナフィルが食事の影響を受けやすいためです。
これに対してメガリスでは、食事の影響はあまり受けません。
最大で36時間も持続時間があるのですから、当然といえば当然なのですが、服用するタイミングを気にしなくていいというのは案外大きいものです。
ただ、薬の効果を最大限に活かすには、なるべく空腹時に服用するのが良いという話もあります。
それでもそれは最初だけの話であって、薬の効果が出る頃には気にする必要はないでしょう。
これほどまでに優秀なED治療薬ですが、一つだけ弱点があるとしたら、効果が出るまでに少し時間が掛かることです。
服用後はおよそ30分から1時間で効果があらわれるというのが普通ですが、効果が完全に出るまでにはおそらく2時間から3時間ほど余裕をもっての服用がベストでしょう。
これは持続時間が長い反動のようなものなのでしょう。
薬の副作用もマイルドですが、即効性もマイルドなのです。
もっとも、肝心のペニスに与える影響は決してマイルドではありません。
性的な興奮さえあれば、十分にペニスを硬く大きく勃起させてくれます。
快感度も上がりますし、かといって早漏になることもなく、性行為を最初から最後までじっくりと楽しむことができるのです。
また、一度勃起したからといて、ずっと勃起したままではないので安心してください。
性的な興奮がおさまれば、ペニスもちゃんと元に戻ってくれます。